最高の一戸建てを購入するなら|ショールームに足を運ぼう

つみきの家

工事中のチェックポイント

一軒家

工事に立ち会う

中野区で一戸建て建築工事が始まると、車の出入りや騒音で近所の住人に迷惑をかけることになります。工事開始前に建て主本人と工事責任者が手土産を持って、向こう三軒両隣への挨拶まわりを忘れないように気をつけましょう。周囲の人々に挨拶をしておけば、工事の状況を事前に知らせることになり、かなりの騒音でも了解してもらえるでしょう。旧家屋の解体工事が必要な場合は事前に打ち合わせを行いますが、解体業者に必ず現場を見て貰って話しを進めます。処分するものと再利用するもの、残したい庭木など、区分けをはっきりさせて解体業者にわかるようにしておきます。中野区で工事が始まると、その進行具合に合わせて現場へ出向き工事に立ち合って、確認やチェックすべきポイントがいくつかあります。素人には難しく、よくわからない部分も多いのですが、自分の中野区の一戸建てが平面から立体的になり、出来上がっていく過程をきちんと見届けましょう。中野区の一戸建ての強度を左右する基礎工事も重要なチェックポイントです。最終的には見えなくなってしまうので、基礎コンクリートを打つ日には現場へ行き、説明を受けるようにしましょう。基礎の寸法や建物のどの部分に基礎がつくられるのか、型枠内に入っている鉄筋の状態などを確認します。更に基礎と土台をつなぐアンカーボルトや床下の風抜きである換気口の数と位置も設計図を基にチェックしておきます。床下の空気の流れが悪いと土台や柱などに腐敗が生じ、一戸建ての老朽化を早める原因になるからです。